2009年03月09日

守り人シリーズ再読了

以前書いた、守り人シリーズ軽装版。
1月に出た「天と地の守り人 第3部」で、すべての軽装版が出版されました。

第3部が出たとき、ちょうど柴錬三国志を読んでいたのでしばしお預け。
先日三国志を読み終わったので、「天と地の守り人」の第1部から第3部まで一気に読みました。

一度図書館で借りて読んでるので再読になるのですが、やっぱり2回読んでもおもしろい。
たぶん、3回読んでも10回読んでもおもしろい。

やっぱり守り人シリーズは素晴らしいです。
今まで読んだファンタジーの中で一番好き。
読んでいて、匂い・味・色・気温、すべてが濃厚に伝わってくる。
何よりも、魅力にあふれてる人々の交流や駆け引きが、オトナが読んでこそ面白い。

以前に書いた、アニメの再放送も見ました。
原作ではあまり描かれていない狩人たちの技とかが、興味津々でした。
アニメは精霊の守り人の続き、やるんだろうか…

アニメといえば、上橋菜穂子の「獣の奏者」もアニメになりました
これも毎週楽しみにしてます。
アニメ化にあわせて、こちらも文庫が出ているようなのでそろえようと思ってます。

最近、これ以外にもドラマやアニメを見ていて、毎日何かしら予約録画してます。
結構ハードスケジュールなり。
その話はまた今度~

« オマール海老祭り | メイン | 白い日に獣の奏者 »