2007年05月12日

影響を受けやすいヒト

最近観たDVD。
涙そうそう、DEATH NOTE、時をかける少女(アニメと実写)。

今日見た夢。

トトさんが(顔はブッキーだったような気がするけど)、
まるで心臓発作を起こしたように、胸を押えながら目の前で死んでしまう。
しかし、ふと気が付くといつの間にかトトさんと二人で何かの講習会に出席しており、
講習会を受けつつも、あと五分でトトさんが死んでしまう時間がやってくるのを二人とも知っている。
そして、その時間がやってきた。
でも、トトさんは死ななかった。
喜ぶ私。
「よかった、ほんとによかった。」と、トトさんに言うと、トトさんは
「うん。でも、これで自分は生の伴走者でいるしかなくなった」と応える。

ってところで目が覚めました。
最後のトトさんの言葉は超ナゾなのですが、ほぼ最近観たDVDの影響を受けていること間違いなし!な、分かりやすい内容だったり。

なんか、私って読んだ本とか観た映画に影響された夢を見ることがとっても多い。
すっごい単純なんだろうなぁ。頭の中。
以前、山崎豊子の「沈まぬ太陽」を読んでいたとき、飛行機の墜落現場の様子や遺体の身元確認の様子なんかを書いてある部分に差し掛かったら、見事にそこを読んでいる数日間の間、ずっと悪夢にうなされたこともあるし。

ところで、「涙そうそう」は昨日の夜観たのですが、泣きすぎて今日の朝、顔が浮腫んですごいことになってました。
ひえーっとなりつつ、顔洗って、この前TV「世界一受けたい授業」で見て以来、うろ覚えながらやっている田中宥久子の造顔マッサージをしていたら、あらま!浮腫んで一重になっていたまぶたが、あっという間に二重に戻ったよ。
浮腫んでパンパンの顔も軽くなったよ。
素敵。
今まで、あんまり違いが分からなかったけど、体感できると俄然やる気になるね。
続けようっと。

« 九十九里へ | メイン | MTカスタマイズメモ »