2007年03月11日

みちのく 湯けむり旅

乳頭温泉

初雪でした。(自分比)

6ヶ月も前から予約して、楽しみにしていた東北温泉旅行に行ってきました。
泊まったのは、秋田県は田沢湖の近くにある、乳頭温泉郷の鶴の湯
7年ほど前に一度行ったことがあって、また行きたいなぁと思っていたのです。
よくやく念願かなって再訪することができました。

雪見風呂がしたいがためにこの時期に予定を入れた甲斐があって、宿の周りは一面雪ーv
この冬、結局関東では雪を見ることが無かったので、私にとっては初雪です。
しかし、宿のスタッフさんのお話によると、ここ2・3日の間に久しぶりに雪が降って、一気に50センチぐらい積もったけど、それまでは地面が見えていたのですよー、ってことでした。
地元に方にとっては早く溶けて欲しいであろう雪ですが、おかげで予定通り雪見風呂ができた私たちにとってはタイミングよく降ってくれてラッキーだったのでした。

タイミングがいいといえば、お風呂に入るたびに、ほぼ友人と二人っきりの貸しきり状態になることが多く、すごくゆったり入っていることができました。

それにしてもいいお湯だったー!
何よりも、体の芯からぽっかぽかになって、それがずっと持続っ
靴下履かないとすぐに冷たくなってしまう足先も、ぬくぬくのままだし。
極楽極楽♪

去年の雪崩事故を踏まえて、安全対策として女性用露天風呂は閉鎖中になっていたのが残念でしたが、露天風呂はちゃんと満喫してきました、混浴で。
乳頭温泉のお湯って、白濁していて全然お湯の中が見えないので、バスタオル巻いちゃえば女性でも抵抗無く入ることができるのが魅力。
私が入ったときも、男性より女性の方が入ってる人多かったし。
かっぽーで入っている人も2組ばかし。いいねvかっぽーで露天風呂。

広い露天風呂は、場所によって熱さが全然違うので、自分にとってちょうどいいお湯加減のところに入ると、いつまでも入っていられてしまいます。
頬をなでる空気はヒンヤリして気持ちいいからのぼせないし。
出るのがとても名残惜しかった。
露天風呂で見た星のクリアさが、とても綺麗だったなー。

食事は山の温泉宿らしく、山菜料理と川魚。
特に、山の芋を摩り下ろしてお団子にしたものが入っているお鍋は、体も温まるしウマウマです。
ほんとは本陣という一番古い木造茅葺き屋根の部屋に泊まって囲炉裏を囲んで食事をしたかったのですが、残念ながら予約が取れずー(>_<)
しかし、宿泊した一号館は囲炉裏はなかったけど、夕食は部屋出しなのでのんびりできました。
とはいえやっぱり次回は、本陣にリベンジしたいっ

普段、TVやらPCでモニターを見ない日はないし、デジタル機器に囲まれた日々を送っている私にとって、TVもなく携帯の電波も入らない宿での一日は、自分がクリアになっていくような感じで新鮮でした。
次はどこの秘湯に行こうかな♪

« さらに続くよWiiのネタ | メイン | 悔しいけど »

コメント

引きこもってげーまーに徹してると思ってたら、
いきなりフットワーク軽いじゃないですか~☆

この冬、銀世界で露天風呂なんて奇跡的っ。
ラッキーでしたね~♪
写真もとっても雰囲気ありますねー。
雪がしんしん...て感じで。
ワタクシ温泉王国(笑)育ちなんですが、
昔は山の方にしかなかったのに、
いつの間にか平地でもあっちこっち堀りまくってて、
実家から徒歩圏内にはスーパーの駐車場脇にあったり。
しかも上の階はアパートだったり。風情のかけらも~。

そうそう、実家から持ち帰って半年以上放置してたdemi、
今年に入ってやっと修理に出しましたー。
見積もりですんごい金額提示されてしまったんですが、
店員さんの前で試食とか試着とかしたら「止めます」と
言えない性分で。涙
差額で何十回現像できただろ...などと思いながらも楽しみです♪

★あっつんさん
思いっきり引き篭もりシーズン突入中なのですが、それと温泉とは別!(笑)
とはいえ、TV(見るためというよりゲームのモニターとして)から離れるのはちょっと寂しかったですが(^^ゞ

あっつんさん東北出身とは聞いてましたが、温泉王国からやって来てたとは!
実家に帰ったら温泉三昧できるぢゃんっ
うらやましー!
しかし、そんなにいっぱい掘っちゃったら、お湯が枯渇しちゃうってことはないんでしょうかねー?

いよいよdemiが復活するのですね♪
思い出のカメラですもの、ちょっとお金がかかっても、ちゃんと直るのであれば修理に出す甲斐がありますよ~
帰ってくるのが楽しみですね!!

コメントする