2006年08月28日

ゲド戦記(映画)

ゲド戦記」を観に行きました。

前評判が悪かったので期待度低めで見に行ったのが幸いしたのか、それとも原作未読だったのがよかったのか、世間で言われているほどではなく、結構楽しんできました。
確かに、映像は「これは昭和のアニメか!?」ってくらいちゃちくてうーむ…だったし、話も「結局あれってどこに繋がるんだろう」とか、「内輪でわかっててもこっちには分からないんですけど!?」ってところもあったのですが、話の流れとしては、あんなもん?って感じでした。

原作、何年も前から読もう読もうと思いつつ、読書欲と読書欲がやって来たときに読みたい本との関係で、今まで読んだことがなかったのです。
今回の映画のおかげで、改めて読んでみようと思いました。

« 坂東眞砂子の子猫殺し | メイン | ハートイン・ダイヤモンド »