2006年07月01日

ダ・ヴィンチ・コード(映画)

図書館に予約してから半年以上経って、映画公開直前にやっと順番が回ってきて読んだ「ダ・ヴィンチ・コード」。
読み終わったらすぐ観に行こうと思ってたのに、やっと今日観に行ってきました。

まず、原作の話の流れや主要なエピソードを、あの時間内に纏め上げたのはすごいことです。
が、やっぱりそれだけにあまりにも駆け足で、粗筋だけをなぞってる感がとっても強かった…。
そのせいで、謎を投げかけたらすぐに登場人物が解いてしまうし、もっともったいぶってよーって感じ。
ハラハラドキドキは全くなし。
原作読んでても、映画の作りが上手ければハラハラドキドキする映画はたくさんあるのに。
あと、私的には、ソフィーがソニエール館長と過ごした少女時代の回顧シーンが、負の感情のものばかりだったのがなんかイヤだったなぁ。

「つまらない」ってこともないけど特別おもしろくもないデキでした。
DVDレンタルでもよかったかも。

« 紙風船でご満悦 | メイン | 500 »