2006年03月12日

ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女

昨日ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女を観に行きました。

感想。
可もなく不可もなく…、かな。

もともと、私の原作に対する感想が上と同じなのですよ。
どうも、入り込めないところがあって。

ロードオブザリングの重厚な作風と、登場人物の心情の小さな襞までうまく描いていたのに比べてしまうと、お子様用な感じは否めませんが、でも、映像は綺麗だったし、話も分かりやすく作られていたし、楽しめたのは事実です。
それと、兄弟姉妹の4人のお子たちがかわいかったです。

今回は、ホワイトデーのプレゼントとして、トトさんが連れて行ってくれました。
映画の前に、超お気に入りのレストランでゴチもしてくれました。
わーい♪
トトさん、ありがと。
一体何倍返しになったかは計算しないようにします…

« ラクーアでご満悦♪ | メイン | 雪降った »