2005年12月25日

博士の愛した数式(小説)

博士の愛した数式』を読みました。

理科、特に生物が好きで理系の大学に進んだ私ですが、数学はおもしろいと思えたことがありません。
あの、「理数系」っていう言い方止めて欲しいと思ったくらい。
理系の大学出身だというと、「じゃぁ、数学も得意だよね」って絶対言われるもん。
はっきり言って嫌いでした。

が、なんか、この本読んで初めて数学っておもしろいのかも!?って思いましたよ。
純文学読んで数学のおもしろさに気づくって、いかに教える側、数学を語る側の技術がモノをいうかってことだよなぁ。
数字があんなに能弁だとはね。

梨木香歩の『西の魔女が死んだ』や『エンジェル・エンジェル・エンジェル』もそうですが、こういう、静かだけど人の交流が温かい作品はとても好きです。

映画『博士の愛した数式』が気になって、先に原作を読んでみたのですが、映画も観てみたいな。

« 年賀状 | メイン | 大掃除 »

トラックバック

» 博士の愛した数式(小川洋子) from ジョナサンの読書飛行
これだから読書飛行はやめられない。ほろりとする良い本との出会い。年間を通して何冊このような本に出会えるか。だけど、それをあらわす言葉はいつもシンプル。「あ... [Read More]