2005年11月23日

アロママッサージ

昨日、アロママッサージを受けた時のお話の続きです。

マッサージは、フェイシャルを含めて全身でした。
顔は敏感なところなので使えるオイルが限られているとのことで、すでにラベンダーを用意してくれていました。
体の方は、希望にあわせて3種類までオイルを使ってもらえます。
マッサージを受ける前にいろいろお話を聞いたり、香りを嗅がせてもらったりして決めたのですが、私は只今毎日が日曜日で究極のリラックス状態にあるので(笑)、ほんわり癒されるよりはシャキッとした方がいいと思ってそういうのを希望しました。
そしたら、主に柑橘系の香りをいくつか嗅がせてくれて、その中から「グレープフルーツ」と「メイチャン」をセレクトしてみました。
とっても爽やかな頭がすっきりしてくるような香りになりました。

施術の後、肩甲骨の辺りから肩にかけてのコリがひどいことと、何より手足、特に足首から先の冷えが激しいことにびっくりされました。
そこで、冷えに効くアロマを教えてもらいました。
ジンジャー、ジャニパー(「ジャニパーベリー」という場合も)、あとは柑橘系のオレンジやグレープフルーツなども冷えに効くそうです。
(すっきりしようと思って今回グレープフルーツを選んだけど、冷えにも良いものだったのは一石二鳥でした♪)
こういったアロマオイルを、塩(市販の天然塩系のものでOK)に1・2滴混ぜてお湯に溶かして足浴するだけでもだいぶ違いますよ、とのことでした。
塩に混ぜる方法のほか、ウォッカはアルコールの純度が高くオイルが溶けやすいそうで、ウォッカにオイルを溶かして、それをお湯に入れてもとても温まるのだそうです。

そうそう、マッサージの前にいろいろな植物の写真が載ったカードを見て、どれが今の自分の気持ちにピッタリ来るか選んでください、と言われたのです。
私の好みは青い花あたりなのですが、昨日は好みと関係なくどうしても気になって心を吸い寄せられるカードが1枚あったので、それを選んでみました。
それは、一本の大きな木(オークだそうです)が堂々と写っている写真なのですが、それを選んだ私の心の状態とは…
「人から頼まれたことに対して無理をしてしまっている」らしいです。
ダンナが聞いたら「ありえねー」っていうことでしょう(笑)が、社会的には結構そういうところもなきにしもあらず、なのですよ、こんな私でも(笑)
バッチフラワーレメディでも少し調べてみたら同じようなことが書いてありました。


【オークとは】
和名 - 西洋かし
オークは、昔から神聖な木であると考えられてきました。雌雄同株で、森林や草原に生育します。開花は、4月の終わりから5月の始めにかけて行われます。

この植物の持つメッセージ
・ストレスへの強さとねばり強さ

こんなあなたに
・限界を超えてもがんばり続けてしまう
・人から頼られるタイプである

ほんとは全然へなちょこで人におんぶに抱っこする性格なのに、「しっかりしてそう」とか「頼りになりそう」みたいに第一印象思われがちなのよね、私。
はるか昔、付き合い始めたばかりのときにダンナが「独りでも生きていけそう」との印象をぽろりとこぼし、私に大顰蹙をかいました。

マッサージも気持ちよかったし、香りに癒されたし、アロマのことに興味がでたり、昨日はとっても楽しかったです。
lilly-iさんありがとでした♪

« マッサージモデル | メイン | アボカド »