2005年11月22日

マッサージモデル

今日は「マッサージモデル」を体験してきました。
マッサージモデルというのは、アロマセラピストを目指して勉強している方にマッサージを施術してもらって、その感想を伝えるというもの。
以前勤めていた会社で働いていた派遣さんがアロマセラピストを目指してまして、私は直接面識はなかったのですが、共通の知り合いを通してモデル募集を知り立候補しました。

場所はその方の自宅の自室だったのですが、お部屋にマッサージベッドが置いてあり、まずそれにおぉっ!となり、とってもリラックスできる素敵なお部屋にほぉっvとなり、マッサージにふぅ♪となって帰ってきました。

私は、マッサージといえばいつもツボ押し系のところで受けるのが専門で、アロママッサージは数年前に一度体験しただけ。
その当時の印象は優しく撫でるアロママッサージは心地が良くて香りでも癒されるけど、コリの取れはいまいちかな?という感じだったと思います。
でも、今日のマッサージを受けて印象が変わりました。
施術直後は体がポカポカしてる~vというのと、脚が軽くなったと感じただけだったのですが、現在家に帰ってきて体が馴染んできたところ、明らかに脚だけではなく全身が軽いです。
特に慢性化して普段こっていることも感じにくくなっている背中あたりがものすごく軽い。
今日のマッサージは、確かにツボ押し系に比べればだいぶソフトでしたが、施術を受けている間もリンパに向かって押し上げてくれているのが分かりました。
数年前に受けたイメージと比べると、だいぶしっかりした強さだったような気がします。
これで、毒素を押し流してくれたのだと思います。

私は普段あまり水分を取らないし、夜はついついお酒に手が伸びてしまうのですが、今日は家に帰ってから水をガバガバ飲んでます。
マッサージの後水分をたくさん取ると毒素が流れると言われたということもあるのですが、それ以前に体が欲している感じです。
毒素よ、流れろーーっ

« 古都奈良 | メイン | アロママッサージ »