2005年11月21日

古都奈良

18日(金)~20日(日)にかけて、奈良へ行ってきました。
今回の奈良訪問には、①以前勤めていた会社で仲良くしていた後輩が奈良に住んでいるので彼女に会う、②温泉に入る、③紅葉を楽しむ、④大阪に住む友人と待ち合わせして寺社めぐりを楽しむ、と盛りだくさんの目的がありました。
毎日お天気にも恵まれ、全ての目的を達成できて大満足の奈良旅行でした。

1泊目は、吉野の「さこや」に泊まりました。
かけ流しの温泉は少しぬるめで入りやすくのんびりできました。
ここの露天風呂には樽酒がおいてあり、自由に飲めるようになってます。
このお酒もかなりおいしかった♪
お料理は、一般的な旅館の料理からみると、少なめだと思いますが、味は良かったし、日常の食事の量からするとちょうどよい量だと思います。
吉野に着いた日は、周辺の寺社めぐりをしました。
金峯山寺の蔵王堂は東大寺大仏殿に次ぐ大きさの木造建築とのことで、とても立派でした。
その他、義経や静御前と縁の深い寺社が多かったです。

2日目は目的①の友人と一緒に薬師寺・唐招提寺を散策しました。
彼女のお家とこれらのお寺は徒歩圏内で、こんなに近くにこれほど素敵なお寺があるなんてうらやましい限りです。
薬師寺ではちょうど大唐西域壁画殿の特別公開をやっていて、平山郁夫の襖絵をみることができました。
残念ながら唐招提寺金堂は改修工事中でしたが、今回訪れたお寺で散策するのに一番気に入ったのが唐招提寺でした。
夜、ライトアップされた薬師寺を見るのに最適なポイントにも案内してもらったのですが、幻想的でとっても素敵な眺めでした。
夕食は友人の知り合いがやっている小料理屋さんで頂いたのですが、ここが隠れ家的な感じで居心地がよく、料理もどれも上品な味付けでおいしかったです。
この日は素泊まりできる「旅館白鳳」に泊まりました。
トイレもお風呂もないお部屋でしたが、文字通り寝るだけだったし、お部屋もお風呂も清潔だったので十分でした。

3日目は大阪に住む友人2人と合流して奈良公園近辺の寺社めぐり。
お寺は立派だし、二月堂からの眺めも良かったし、東大寺の大仏様や興福寺の阿修羅像も素晴らしかったし、奈良公園の鹿たちもめちゃめちゃラブリーv
ひたすら散策して過ごしました。
紅葉も燃え立つような赤とは行かないまでも楽しめました。

四季折々、いろいろな表情の奈良も見てみたいし、今回見れなかった唐招提寺の鑑真和上坐像・東山魁夷障壁画、行けなかった寺社など、まだまだ見所もありそうなので、またぜひ訪れようと思います。

« ミーティアやすらかに… | メイン | マッサージモデル »