2005年10月31日

衣替えと衣かつぎ

明日から11月だし、結構寒くなってきたのでセーター類を出しました。
これで本格的な冬がやって来てもばっちりです。
あ、でもまだ扇風機を出したままだ…
扇風機をヒーターに替えなければ。
機密性の高いマンション暮らし、しかも上下左右を囲まれている部屋だと、まだまだ暖房器具は要らない感じですが、冬に向かって気分を盛り上げねばっ。(何のために?)

里芋を皮付きのまま茹でた料理「衣かつぎ」。
なんで「衣かつぎ」っていうんじゃい?と思って調べたら、ずばり「衣被き」のことでした。
「衣被き(きぬかずき)」がいつの間にやら「きぬかつぎ」に変化したのだとか。
平安時代の女性が外出の時に使ったかぶりものを「衣かつぎ」といい、茹でた里芋の皮がポコっと取れたようすがそれに似てるからだそうです。
へーーー。

« 伊香保温泉 | メイン | Amazon.co.jpの書籍全文検索 »