2005年10月27日

最近の読書

先日図書館から借りてきた、映画「チャーリーとチョコレート工場」の原作本『チョコレート工場の秘密』を読みました。

子供向けの本なのであっという間に読めてしまいます。
原作もユーモアと少しの辛口が効いていて、とてもおもしろかったです。
でも、これについては、原作よりも映画の方が断然おもしろい!と思います。
原作では工場主ワンカの父親との葛藤なんかは全く出てこなくて、あれは映画の脚本上での話だったようです。
そして、ラストシーンも映画の方がホロリとさせる作りになっていて原作よりいいと思いました。
なにやら、チョコレート工場の秘密の続編『ガラスのエレベーター宇宙にとびだす』という本もあるそうなので、これもまた読んでみようと思います。

3年ほど前に図書館から借りて読んでいた『空色勾玉』のノベルズ版が出たので、今度は購入して再読。
やっぱ、おもしろいーーっ
私って、読んだ本の内容をすぐ忘れてしまう人なので「すっごいおもしろかった!三部作の中で、これが一番!」という感想ぐらいしか覚えておらず、再読でもまた一から楽しみました。
ちょっと前に図書館で借りて読んだ同じく萩原さんの本『風神秘抄』に「鳥彦」が出てきて、んーどっかで出てきたような…、と思っていたら空色勾玉でお会いしていたのですね。

第二部の『白鳥異伝』のノベルズ版も発売されたのでまた買ってこなきゃv

« 説明会 | メイン | 伊香保温泉 »