2005年02月20日

白浜温泉へ

真っ白い砂浜と青く透明な海。
白浜温泉、まさにリゾート地でございました。
老若男女が詰め掛けてました。

今回泊まったのはホテル三楽荘
白良浜の目の前に建っていて、全室オーシャンビュー。
し・か・も!
私たちが泊まった部屋には露天風呂が付いていたのです。
お部屋についてる露天風呂も、お部屋の中のお風呂も、どちらもちゃんと温泉が楽しめます。
宿の大浴場の温泉は、はっきり言って熱すぎ…
ぬるゆにじっくり入るのが好きなので、ゆっくりできなくてイマイチでしたが、お部屋のお風呂は自分の好みの温度に調節できるから最高でした~
お湯質はとろりとしてお肌すべすべ。
しかも、京都で歩きすぎた私に嬉しいことに、筋肉痛に効くのだそうです。

宿のお土産やさんで珍しいものを発見し食べてみました。
それはなんと、「うつぼ」。
うつぼって食べられるのね。初めて知りました。
カリカリしていて、結構おいしかったです。
うつぼ

2日目は電車の時間まで余裕があったのでちょっと観光。
千畳敷と三段壁三段壁洞窟に行ってみました。
どちらも圧巻の景色でした。
千畳敷の岩はとっても柔らかいみたいで、いたるところにラブ*2の二人の名前が刻み込まれてました。
名勝が台無し。
三段壁は切り立ったがけになっているのですが全然柵が設けられてません。
で、自殺の名所ともなっているようです…
あと、どうやって降りているのか、崖の下のほうで釣りをしている人が結構いました。
船かなんかで来てるのかなぁ、と思っていたのですが、見てたら釣り道具とクーラーボックスを抱えて、下から崖を上っている人を発見。
ということは、やっぱ降りたんだよね、自分で。
凄過ぎです。

お湯も観光もかなり楽しめた白浜温泉でした。

« 京都へ | メイン | 啓蟄 »