2005年01月06日

火の粉

火の粉」(雫井脩介 著 / 幻冬舎文庫)を読みました。

裏表紙のあらすじには「最後まで読者の予想を裏切り続ける驚愕の犯罪小説!」と謳っていましたが、予想は裏切られません、全く。
予想通りの展開で、「謎解き」をする「推理小説」とは全く違います。

でも、「驚愕の犯罪小説」というのは、正に当てはまる小説でした。
驚愕というより戦慄の方がぴったりかな。
心理的にじりじりと追い込まれていきます。
宮部みゆきに近い感じかも。
読み応えありました。

« まちからむらから館 | メイン | 橋の下の怪物 »